バイセル 買取王子 比較

バイセルと買取王子を比較してみた

こんにちは、山本です!

ここ1週間を見てもわかるように、新型コロナウィルスが猛威を振るっていますね。連日の感染者数を見ると都内は減少しそうもない状況ですし、いよいよ第二波が来るのでしょうか・・・。

 

さて、5回の今日は切手買取の代表業者ともいえる「バイセルと買取王子を比較」してみました。

 

バイセル

バイセルは2001年に設立された買取業者で、現在は、タレントの坂上忍さんをキャラクターに起用したテレビCMでもお馴染みです。

普通切手、特別切手、戦前切手、年賀切手、ふるさと切手などの切手買取はもちろん、ブランド品や貴金属、着物など中古品の買取を手広く扱っています。バイセルという名前の通り、査定や入金がとにかくスピーディという点が人気となっています。

公式サイトによると、出張査定を希望すれば最短30分で査定員が買取にくるといいます。今すぐに売ってしまいたいというきには便利なサービスといえるでしょう。

 

なお、バイセルは買取の中でも特に切手買取に力を入れている買取業者なので、他社では真似できないような高価買取を期待することができます。

大手の買取店ということもあってサポート体制も充実していて、出張買取における顧客満足度や買取価格の満足度は業界でもトップクラスといえるでしょう

 

バイセルで切手買取するなら、キッテーナという「切手 買取」に関する情報サイトが参考になります。

 

買取王子

買取王子は1989年に設立された買取業者で、バイセルと比べると歴史が長い業者になります。

こちらも切手買取の専業ではなく、古本、CD、DVD、ゲームを始め、ブランド品、スポーツ用品、家電、金券といったものまで対応している総合買取業者です。

約60品目といわれる買取品目の多さは特筆できます。ただ、専門の査定員が少ないからなのでしょうか。切手に関しての買取価格はバイセルと比べて低めの傾向にあります。

 

買取交渉が成立してお金が支払われる際は、基本的には銀行振込となりますが、買取王子では、Amazonギフトカードでも受け取れるという独自のサービスも用意されています。

さらに、ポイントシステムを採用しており、貯まったポイントを利用すればAmazonギフトカードの金額がアップします。交渉成立後から、支払いまでのスピードが迅速なのも特徴のひとつとなっています。

電話やネットを使って見積を依頼すれば、専用ダンボールを無料で届けてもらえます。郵送する際の、送料をはじめ、引取料、返送料、すべてが無料なのは利用者としてはうれしい限りです。

また、30万円までの輸送保険に加入しているので、万が一トラブルが発生しても安心できます。