損をしない切手の売り方

損をしない切手の売り方とは?

こんにちは、山本です!

3回目の今日は「損をしない切手の売り方」についてです。

大切に収集してきた切手なら尚更のこと、売るとなったときは損をしたくないものです…。

 

切手を売る方法には、インターネットを利用して切手買取専門業者に依頼したり、直接店舗に持ち込んで買取をしてもらうなどがあります。

切手買取で一般的なのが、金券ショップやリサイクルショップでしょう。これらの実店舗では、目の前で切手を確認して状態を見た上で査定してくれるので安心感があります。

 

ただ、金券ショップやリサイクルショップといった実店舗で切手を買取してもらうときには注意しておきたいことがいくつかあります。

これについては買取店の落とし穴ともいえるかもしれませんが、注意しておきたいことをしっかり把握することで、損をすることなく切手を売ることができるでしょう。

 

実店舗買取で損をしてしまう事例

切手には、普通切手、記念切手、特殊切手、外国切手など様々な種類があります。

中には額面以上の価値があるプレミア切手も存在しますが、実店舗で切手を買取をしてもらう際は、特にこのプレミア切手の査定には注意をする必要があります。

 

切手の価値を見落とされる場合がある

そもそも業者の中には、プレミア切手や古い中国切手などを買取対象外にしている場合があります。

しかし買取対象としている店舗の中には、プレミア切手の知識がない店員が査定をする可能性もあるので、そうなるといくら価値のある切手でも額面での買取をされてしまう可能性があるのです。

そのため、実店舗でプレミア切手を売る際ですが、プレミア切手や古い中国切手などが適正価格で買取してもらうことができるのかどうかをしっかりと確認するようにしましょう。

 

通常の買取価格が適用されていない場合もある

店舗買取を行っている業者は、ホームページや店頭で買取価格を公表している場合が多いです。

80%以上の買取率を謳っている店舗が多いですが、実は公表している買取価格(買取レート)が通常どおり適用されていない場合も多々あるのです。

 

何故かというと、店舗での買取は店頭査定手数料を引いた価格が提示されているからです。店舗運営というのは、人件費をはじめ、テナント費や光熱費などの運営コストがかかります。

販売ルートが多ければ問題ないですが、店頭での販売しか行っていない場合は、買取った切手を売る手段が限られてきます。仮に売れなければ不良在庫として抱えることになってしまいます。

 

つまり、高額買取をしたとしてもコストを償却することが難しくなってしまうため、店舗査定手数料等をとるなどして対応しているのです。

そうなると店舗手数料分が買取査定額から引かれることになるので、結果としてホームページや店頭で公表されている価格での買取ができないわけです。

 

まとめ

店舗での買取を希望する場合ですが、「予めどんなものが買取できるのか」、「プレミア切手を適正に査定してもらえるのか」など、事前に確認しておくようにしましょう。

 

切手買取 相場

一般的な切手の買取相場はどれくらい?

こんにちは、山本です!

2回目の今日は「一般的な切手の買取相場」についてです。

切手の買取というと、コレクター(収集家)がいることからも、プラミアがついているような価値のある切手しか買取対象にならないのでは?、と思っている方が多いのではないでしょうか。

 

しかし、一般に流通しているような普通の切手でも買取してもらうことは可能です。そうなると、普通の人でも手に入りやすいような切手の買取金額って一体どれくらいなのか気になるところです。

それでは、一般的な切手の買取相場について具体的に確認していきましょう。

 

誰でも手に入るような切手の買取価格は?

切手の買取価格というのはどのように査定されて決められるのでしょうか。実は基本的に、どれも同じ計算方法によって買取価格は決められているのです。

 

切手の買取価格は、額面の80%または85%になります。

ただし注意しなければならないのが、切手は1枚単位で買取してもらうことができないということです。基本的にシートとなっている状態での買取となります。

 

記念切手

記念切手の場合は10枚~20枚のシートとなっている状態で、額面合計の80%となります。

プレミア切手については査定方法をはじめ計算方法も少し変わってきますが、一般的な記念切手の場合は全てこのパーセントでの計算で買取価格は決められています。

 

一般切手

対して一般切手は100枚のシート状態で、額面合計の86%程度での買取になります。

一般切手の場合ですが、額面が52円、または82円切手での計算になりますので、額面が変わればそれに伴いパーセントも変わってきます。

これらは相場として覚えておくと買取の際に目安として計算がしやすくなりますし、いらなくなった切手を手放すときに役に立つと思います。

切手買取 郵便局

郵便局で切手買取してもらえるのか?

はじめまして!数年前まで切手収集が趣味だった山本です。

実は引越しを機に、不要になった切手を整理しようと考えているのですが、いろいろ調査しているうちに切手買取に関する様々な情報を得ることができました。

 

そこで、私のように不要になった切手を処分したいと思っている方の参考になればと思い、切手買取の情報をブログで配信していきたいと思います。少しでも参考になれば嬉しいです。

さて、1回目の今日は「郵便局で切手買取してもらえるのか?」についてです。私もそうでしたが、郵便局で切手を買取してもらえると思っている方は多いのではないでしょうか。

 

しかし、先に結論からいうと、郵便局では切手買取はしてもらえません。郵便局の場合は、買取サービスではなく交換サービスになります。

交換サービスでは未使用の切手に限り、手数料を払い他の切手や葉書などに交換してもらうことができます。ただし、切れていたり、汚れていたりすると未使用でも交換することはできません。

それでは、切手の交換例について具体的に確認していきましょう。

 

切手をはがきに交換

はがき1枚につき手数料として5円支払うことで、「62円の切手を62円のはがき1枚に交換」することができます。

 

切手を無料で交換

家族や親類に不幸があって、購入していた年賀切手を利用することができなくなった場合、その年賀切手は、通常切手や弔事用切手に交換することができます。

この場合については、「手数料は無料」になります。

 

切手をレターパックに交換

切手をレターパックに交換する場合ですが、下記のようなカタチになります。

 

厚さ3センチまでで、郵便受けに投函してもらう場合:360円

厚さ3センチ以上で、対面で配送してもらう場合:510円

 

例えば、360円のレターパックと切手を交換する場合、52円の切手7枚が必要ということです。ただし、おつりはでません。手数料として41円が必要になります。